読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

笑えない話

 

私が20歳代だった、ある夏の話。

フリーの編集者として独立して間もなかった私は、カメラマンやデザイナーとチームを組んで仕事をすることが多かった。なかには、ライター&カメラマン&デザインすべてを自分一人でまかなう仕事もあって、 その中に「働く現場の女性たち」を取材して紹介する女性月刊誌の連載企画があった。 

 

あるとき、東京の大手グラスメーカーに勤める女性たちを取材したときのお話。

  

 

       f:id:levites:20151125191150j:plain

 

 

取材対象は、グラスの製造現場で職人として働く20代の未婚女性3人。 

いつもどおりに取材を進めていく中、彼女たちが突然こんな話をし始めた。

 

「私たち3人、仲良しグループなんですけど、グループ名があるんですよ。」

 

「なんていう、グループ名か、分かります?」

 

「私たちをよく見てください。ぜったい分かりますから、当ててみてくださいよ。」

 

私は3人の顔をマジマジと見渡した。キャンディーズや、わらべ(昭和の昔に欽ちゃんのTV番組に登場)を思い浮かべたが、目の前の3人と一致しない。どれだけ見つめてみても、特に思い浮かぶものはなかった。

 

3人はニコニコと笑みを浮かべて、私の答えを待っている。

答えが出そうもない私は、笑ってごまかしながら、間を持て余していた。

やがて焦れた3人は、声をそろえて、こう言った。

 

 

「せーの、 私たち! 3人そろって、

   ダイ・ガン・レン

         で~っす!! 」

 

 

・・ダ、ダイ、・・ガン、レン、ですか? ・・と私は問い返した。

 

 

 すると、リーダー格らしい真ん中の女性が言った。

 

 

きな盟、と書いて

     大 顔 連 で~っす!」

     

(ここで3人、勝ち誇ったかのように満面の笑顔)

 

 

・・・ ・・・ ・・・

・・・

・・・ 

 

       ,, -──- 、._
        .-"´         \.
       :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |:
      :l        )  (      l:
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:

 

 

もちろん、こんな風に指をさして笑えるはずもない。  

 

私は、ふるえる口元を食いしばりながら、「フォローの言葉の引き出し」を猛スピードで引き出しまくった。そして、とっさに腕時計を見て言った。

 

「あ、もうこんな時間! 撮影しますねっ、撮影っ!」

 

カメラで、笑けた顔を隠すためだ。カメラを眼前に構え、顔を隠し、私はゆっくりとファインダーを覗き込んだ。

 

ファインダーの向こう側に並んで座っている3人の姿に、腹筋が小刻みに震えて止まらない。やがて私の腹筋は、大きく波打ち始めた。 

実はこの取材の数日前、旅行雑誌の取材で仙台に行ったばかりだった。ファインダー越しの3人が並んでいる姿が、仙台で見たアレに似ているのだ・・・

 

  

f:id:levites:20100407103932j:plain

 (写真は本文とは何の関係もありません)

  

 

「仙台こけし」。思い浮かんでしまったコレがツボにはまってしまい、腹筋の震えが止まらない。どうしたらいいんだ・・・

こけしよ、どこかへ飛んでいってくれっ!!

 

f:id:levites:20161014160721j:plain

 

 

・・・そうだ! 名案が浮かんだ。 

このグラスメーカー社の社長の顔を思い浮かべた(この社長は出版社のクライアントの中でも大広告主であり、大株主だ)。 

 

 

一瞬にしてこけしは飛び去り、、笑いと震えが止まった。

 

 

こうして無事に取材を終えた私は、帰りの電車に乗り込むと、ドッと疲れて眠り込んだ。

 

 

    

 

 

後日、雑誌が刷り上がり、手元に届いた。

大顔連の記事を読んで、あの日のことを思い出し、笑いが込み上げてきた。

そこにグラスメーカー社の総務部厚生課長から、電話がかかってきた。

 

「さっき雑誌が届いて、読ませてもらったよ。今回の記事、良かったね~」

 

いつものように楽しく挨拶話を交わし終えた後、

 

「ところで、話は変わるんだけども・・」と課長は言った。

 

「〇〇さん(大顔連のリーダー格)、覚えているかね? 

 彼女が君のこと気に入ったみたいでね~。

 どうかね。彼女と見合い、

 してみる気は、ないかね?」

 

 

 一瞬にして、笑顔は引きつって固まった。

 

私は「すり抜け言葉の引き出し」を猛スピードで引き出しまくった。そして次の瞬間、私に婚約者ができた。大顔連の彼女ではない。エアー婚約者だ。

 

それからというもの、課長や仕事仲間に、エアー婚約者との作り話をどれだけ創作し、披露したことだろう。

 

数年後、『NOと言える日本』(石原慎太郎・盛田昭夫共著)が大ヒットした。私も仕事でNOと言える立場になっていた。私に本物の婚約者ができたのは、その年の暮だった。

 

     

 

あれから数十年。あの本のインパクトは大きく、その後の日本にはNOと言える人たちが増えたように思う。

そういえば最近、石原慎太郎氏が再び注目されている。どうも彼は、都議会にNOと言えなかったようだ。あの本はいったい何だったのか。

 

本の中身はどうあれ、あの本のタイトルのインパクトは強く、当時生まれた若い人たちは、いとも簡単にNOと言うことができる、すごい人たちだ。

彼らは今日も、残業を命じる私に、こう言った。

 

 

f:id:levites:20160909172417j:plain

 

 

今日も私は独り、残業している。

まったく、笑えない話だ。

でも「NOと言える若者たち」に、私は密かに拍手を贈りたい気持ちなのだ。

 

youtu.be

 

 

 

 

  

levites.hatenablog.com

  

levites.hatenablog.com

 

 

 

神戸で結婚式が500円~!ブライダル学生が創る結婚式が感動なのだ。

 

さて、とある海外の教会での結婚式のお話です。

 

由緒ある教会で、厳かに幕を開けた結婚式。

友人たちの歌声をオープニングテーマに、

神父さんが壇上に向かい、新郎新婦の前に立ちます。

 

ところが・・あれ? あれあれ??? 

なぜか突然、レナード・コーエンの「ハレルヤ」の伴奏が流れ始め・・・

 

何かの手違い?? 

次の瞬間、神父さんが突然、伴奏に合わせて歌い始めます。

 

まさかの事態に、ざわつく参列者たち。

新郎新婦もこれには苦笑・・・スタッフも驚きを隠せない様子。

 

ところが。。

 

神父さんの歌唱力が! あまりにも凄くて!!

一同の視線は、神父さんに釘づけに!!!         

 

 youtu.be

  

新婦さんは感動のあまり、涙と嗚咽。。

参列者たちも次々に涙、涙、涙。。

 

やがて神父さんが歌い終えると、

教会内は拍手喝采&スタンディングオベーション!

粋な神父さんの計らい、素敵すぎるサプライズでしたね(^-^)

 

 ◆    

 

様々な事情で結婚式を挙げていないご夫婦って、案外いらっしゃるんですよね。

最近の若いカップルの間でも、これからの生活を優先して結婚式を挙げないケースが増えているようです。

それでも、やっぱり一生の思い出の結婚式。できることなら大好きな彼女にウエディングドレスを着せてあげたいですよね。

そんなカップルの夢を叶えてくれる素敵な結婚式が神戸にあるんです!

 

生徒がつくる本物の結婚式

 

美容専門学校『神戸ベルェベル』のウエディングビジネス科とブライダルスタイリスト科で実施しているサロン実習。

施設は校内のチャペルやバンケット(披露宴会場)を遣うのですが、即戦力のプロを養成する機関だけに、もちろん綺麗で本格的。

結婚式の企画からドレス選び、ヘアセット、メイク、司会進行、写真撮影など全てを学生が全力で演出。価格は1メニュー500円~。

 

「生徒がつくる結婚式って、本当に大丈夫?」

毎年、予約でいっぱいになっていることが全てを物語っています。

 

youtu.be

 

 

 気になる結婚式までの流れは?

 

◆事前打ち合わせ~挙式当日

お客様のニーズをしっかりヒアリング。当日までに何度も打合せを重ねます

f:id:levites:20160620113638j:plain

学生と一緒にドレス選び

f:id:levites:20160620113639j:plain

ドレスを着る時は「学生がしっかりアテンドします

f:id:levites:20160620113640j:plain

挙式当日は学生みんなでお出迎え

f:id:levites:20160620114145j:plain

慣れない衣装も学生がしっかりサポート

f:id:levites:20160620113641j:plain

花嫁が歩きやすいようにお手伝いします

f:id:levites:20160620114439j:plain

メイクも仕上げます

f:id:levites:20160620114443j:plain

挙式の流れも説明します

f:id:levites:20160620114440j:plain

挙式中もしっかりサポート

f:id:levites:20160620114441j:plain

記念の写真撮影も行います

f:id:levites:20160620114442j:plain

 

上記プランの価格、全てコミで幾らだと思います!?

❖基本メニュー:500円 ※人前式の施行(リングピロー・誓約書・チャペル装花付)
❖写真撮影:500円 ※写真5カット(CD-R付)

*新婦
ウエディングドレスパック:3,000円
※ウエディングドレスレンタル(着付け込)・ベール・グローブ・ティアラ・ヘアード(造花)・ネックレスイヤリング・ヘアセット・メイク・ブーケ・ブートニア・靴・パニエがセットになっています。
メイク:500円

*新郎
タキシード:500円 ※靴・タイ・小物込


合計5,000円です! 

 

上記プランの他、和装衣装や参列者用衣装の用意もあるそうです。フォトウェディングも受け付けているそう。

披露宴での食事も学生が提供先のホテルと交渉します。フラワー装飾、お色直し、ムービー作成も全てを学生がプロデュース。
挙式で“讃美歌”を歌い、結婚証明書を書き、参列者からフラワーシャワーを浴びる・・・それらを更に加えたとしても、挙式費用は平均で25万円位というから驚きです。

 

なにぶん学校なので営業時間が限られています。平日でも挙式OKというカップルには、思い出深い結婚式になるはずです。

それから、おススメポイントは値段の安さだけじゃないんです。

 

youtu.be

 

詳しくはHPで。

神戸ベルェベル美容専門学校 〒650-0033 神戸市中央区江戸町90番
阪急電車:神戸三宮駅(東口より徒歩5分)
JR:三ノ宮駅(西口より徒歩5分)
地下鉄 山手線:三宮駅(東出口6より徒歩5分)
阪神電車:神戸三宮駅(西改札口より徒歩5分)

姉妹校のベルコムでも挙式を受け付けています。
〒530-0013 大阪市北区茶屋町8-30 TEL:06-6371-1303
阪急電車:梅田駅(茶屋町口より徒歩3分)
JR大阪駅(御堂筋北口より徒歩10分)
地下鉄 御堂筋線:梅田駅(1号出口より徒歩10分)
地下鉄 谷町線:東梅田駅(1号出口より徒歩10分)
地下鉄 四つ橋線:西梅田駅(3号出口より徒歩15分)
阪神電車:梅田駅(東改札口より徒歩10分)

  

www.belebel.ac.jp

 

       

 

私はベルェベルさんの回し者ではありませんが

この企画に感動して、紹介しました。

柄にもなく、綺麗な記事(笑)

 

 

  

levites.hatenablog.com