読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

チラシで『スマホ起業』した成功例

大学を卒業後、4年間会社に務め、家庭教師として独立。その後3年で学習塾を独立開業、今も拡大の一途をたどっている私塾の話。

 

この方が4年間務めた会社を辞めて独立され、家庭教師となられた動機は、大学時代に沖縄の金武町主催の移民体験航海事業にボランティア参加し、船の上で子供たちと1ケ月にわたり生活を共にした経験をもとに、子供たちの教育事業に携わりたいと思われたからです。

 

会社を辞めた後、たった1人の家庭教師がわずか3年で私塾を設立。東京の山手線の駅前徒歩2分のビルで旗揚げし、あっという間にそこも手狭になってしまい、さらに爆発的な展開をされています。このチラシで。 

 

f:id:levites:20150610094006p:plain

 

 チラシは何の変哲もない、ワードで作成された、ほとんど文字ばかりのチラシです。

起業成功の秘密はもちろん「スマホ家庭教師」。この方、スマホ家庭教師に現役大学生をアルバイトに雇って成功しているのです。

 

通常の家庭教師は、家庭に訪問するため時間拘束され、受け持つ人数に限りがあります。大学生をアルバイトに雇っても、1人で数人の生徒を受け持つのが限界です。一方の生徒側にも、学校やクラブ活動がありますから、塾に割り当てられる時間に限りがあります。

 

ところが、スマホはそうした制約をブチ破ってしまうツールなのです。大学生たちは家に居ても、電車に乗っていても、スタバにいても、大学にいても(?)、できるアルバイトなので、同時に何人もの生徒を受け持つことができ、受け持てば受け持つほど手当が上がります。大学生にとって、これほど便利なアルバイトはありません。 

 

一方、自宅でもスマホで授業を受けられ、外でも好きな時間に授業が受けられるなら、親御さんにとって、これほど安心で便利なことはありません(ゲームに費やす時間をこれに当てさせちゃおう・・がホンネかも?)

 

しかも料金が、

365日使い放題で、月19800円! 

 

いつでも、どこでも、何回でも、どの科目でも、質問し放題。チャットOK、電話もメールもスカイプもOK。これだけ揃って、たったの19800円ですよ、皆さん!!(タ〇タ社長、まだまだ引退は早いですよ!)

 

ネット集客の不効率さと、広告ツールとしての弱点を早くから見抜いたこの方、この事業を安いチラシで宣伝し、今日まで展開して来られました。大手も「スマホ家庭教師」に参入していますが、料金とサービス内容と実績(生徒の進学率)でリードしているのです。

 

   ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 

このチラシ、表面はスマホ家庭教師について書いてあり、裏面は自身の学生時代のボランティア体験記が小さな字でビッシリと書かれています。それを読んで、単に勉強だけでなく、この塾で子供に「生きた学問」を学ばせたい親御さんも、殺到している訳です。

 

今回は、この方の成功例というより、アイデア一つでスマホ事業は無限の可能性を持っていることを、ご紹介したかったのです。スマホ事業は何時でも何処でも、事業所も店舗も無くても始められ、成功例は現実にたくさんあります。

起業に向けてネックになっていること(会計や決算はどうしたらいいの? 法人設立は? どういうところからスタートすればいいの? など)は、割と簡単に解決できることがほとんどです。

ようやく今頃ブログを始めて、皆さんにブログの使い方を教わりまくっている、いまだガラケーのネット難民の私が言うのも何ですが、何か一つでも拾えることがありましたら、拾っていってやってください(笑

 

●蛇足

この方と正反対のやり方の家庭教師で、成功しておられる方のお話。

「勉強しない子を勉強させてみせる家庭教師!」

この方、空手・柔術・剣道の猛者で、勉強しないだけでなく、暴力を振るう子、閉じ込もりの子など、親御さんがお手上げの子の面倒を見る家庭教師です。引く手あまたで手いっぱいになり、もうチラシは作っていません。これはスマホでは、できないので(笑

腕に自慢のあって、お時間のある方は、参入できるかも?