読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

手書きチラシは、おもてなしの手紙

今日、ある方のブログに、とても良いものが紹介されていたので、

ぜひ、その方のブログをご紹介させて頂きたいと思います。

10年もブログを運営されている方ですので、ご存知の方が多いと思いますが

ポレポレとうさん」の今日のブログです。

 

センスのいい文房具や、良書、良品、良店を紹介されている傍ら、

ファーストネーム(下の名前)で読んでくれる素敵な大阪の食堂なども紹介されていて、その優しい視点が、読んでいるだけで素敵な気持ちにさせてくれるブログなんです。

そして 今日のブログに、手書きチラシを作る方にとって、スグレモノが紹介されていたんです。

 

oyakode-polepole.hatenablog.com

 

まさかこれ、isakuのために紹介してくれたのでは?? などと勝手に妄想して舞い上がり、今日の今日、勝手に掲載しています(笑

食べ物、交通機関、風景などを簡単に描くためのコツや例が書かれていて、身近な文具で描くことができ、使用する文具ごとの描き方が図解されているそうです。

 

 

    f:id:levites:20150619203220j:plain

 

 

●文字だけのチラシに、ちょっと気の利いたイラストが描けたらなあ・・・

●本格的なイラストは無理でも、笑いを誘うようなヘタウマな絵が描けたら・・

そういう方に、絶好の本だと思います。

 

このブログの最後のひとことに、また唸らされてしまいました。

 

 

手書きのイラストも手書きの手紙も、共通するのは「手書き」だということ。アナログな手書きには、アナログだからこその温かさがある。相手の反応を考えながら描くイラストは、それだけ心が込められたものだからこそだろう。ヘタでも良いので手書きで描く(または書く)。それが一番のおもてなしの心なのかもしれない。

 

手書きチラシは、手紙なんですね。

物を売るためのチラシというより、おもてなしの心をお伝えする手紙。

・・・この言葉に、とっても得心したんです。 

 

整体院・接骨院・理容・美容・ダイエット関連・サロン・塾・パソコン教室・・・どんなチラシにも使えそうですね。