読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

ご無沙汰ぶりです★激安チラシ印刷

雑記

 

f:id:levites:20151002002230j:plain

 

あっ、スイマセン・・・

ブログ、また続けさせてください、っていう意味です(笑

 

 

夏の甲子園が終わって以来の更新になりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

・・って、「あんたが、どう過ごしてたんだ?」って話なのですが(笑

 

 

更新が滞っていた間、ご心配くださって記事を書いてくださったり、

コメントくださった方、橋渡しまでしてくださった方、

そして、あえて何も触れないで読者のままでいてくださった方々に、

心から御礼を申し上げます。更新が滞っただけなのに、大げさみたいですが、

ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

途中、ご自身の記事で私の名に言及して、強引に引っ張り出してくださった、

  のマミーさん。

さりげなく、みんなが忘れないように、引っ張り出してくださったんですよね?

お心遣いに深い感謝と御礼を捧げます。

 

でも、また仕事を始められたそうで、くれぐれもお身体を大切にしてくださいね。

 

紹介してくださっていた『琥珀のまたたき』(小川洋子著)、読みましたよ♪

 

f:id:levites:20150920125600j:plain

 

汚い机の写真をスミマセン(笑)。お気に入りのアンティークの文机なんです。

「琥珀のまたたき」なので、琥珀のウィスキーを置いただけで、

アル中じゃありませんので、ご安心を(笑

 

 

 逆の世界に神様がこっそり隠した秘密?

 

 

これほど共感する小説に出会ったのは何年ぶりのことかな・・

あまりにも見事なラストの「一瞬(96秒間)の展覧会」を体験するためだけにでも、

この小説を読む価値があると思いました。

 

そこに至る経過のなかで、個人的にとても気に入った一節があります。

 

  

「逆子(さかご)は違う。物事の逆を見極める力を授けられている。

 椅子がさかさまだろうが靴下がひっくり返っていようが

 決して乱されることのない平常な心で、

 逆の世界に隠されたさまざまな秘密をキャッチできる。

 神様がこっそり隠した秘密を。

 シェークスピアの戯曲にも、モーツァルトの交響曲にも、

 もちろんゴッホの絵にも逆の世界がある。

 花も星も小鳥もしかり。

 例えば『夏の夜の夢』を最後の時から読んでゆく。

 小鳥のさえずりを逆回転にして聴く。

 そういうふうにしてしか味わえない驚きがこの世にはある。

 瞬きによって遮られ、見ることの叶わないもう一つの風景が

 存在するのと同じなのかも知れない。

 連盟(国際逆子連盟)に加入した逆子たちは、

 自分の発見した秘密について語り合うため、

 定期的に支部に集まる。」(256頁)

 

 

 

小川洋子さん、すごいですよね。

紹介して頂かなかったら、もしかしたら一生、手にすることが無かった本。

見逃すところでした。感謝します。  いつも感謝してるんですけどね(^_^)v

 

 

リニューアルさせてくれた方に感謝

 

 

ブログを留守にしていたのは、

ある方のおかげで公私ともにリニューアルする機会を得られたからです。

あまり誉め過ぎると空に舞い上がっちゃうといけないので(笑

感謝しても感謝し切れない気持ちを、こっそりと・・  

 

本当に、ありがとうございました!!

 

 

 

これからも、たぶんブログの内容はあまり代わり映えしませんが(笑

自由に気楽にやっていきます。

 

 

それと、この場をお借りしまして、もう一つ、言わせてください。

無二の大親友がブログをやっておりまして、少し前から病を患っております。

病気なんかに負けるヤツじゃないし、湿っぽいことが大嫌いなヤツでして。

弱気なところを一切見せない気丈な姿が、ときどきチラついてしまうもので、

しばらく、「お笑い」の調子は出ないかも知れませんが、

変わらず、お付き合い頂けたら嬉しいです。

 

 

ということで、また引き続き、よろしくお願いします!

 

  

  ~   ~   ~   ~   ~   ~   ~   

 

【追伸】

紫苑さん、ゴメンナサイ。

「紫苑モトフク143」、考えに考えても記事にまとまりませんでした(笑

 

それから、他にも感謝と御礼を言いたい方がいますが、

これからブログにお邪魔してコメントさせて頂きますね。 

 

久しぶりにコメント欄を開きました。

今回は、ごあいさつ記事なので、どうか気楽なコメントでひとつ、お願いします(笑 

 

 

     

   

www.kanan-press.com