読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

うた恋い

雑記 チラシの耳

お題「甘酸っぱい思い出」

 

 

商船高専2年のある日、あまり親しくない友人Nから頼まれた。

「俺の彼女が友達を連れて来るんだけど、一緒に来ない?」

  

あまり気が進まなかったが、さほど仲良くもない私に話を持ってきたのは、

親しい友人たちに断られたからだろう、とNに同情した私は、承諾した。

  

f:id:levites:20151104211315j:plain

 

 

Nの彼女は尾道の高校に通っていて、名前は良子。

商船寮のある島からフェリーに乗り、尾道港に近い喫茶店 time time で4人で会った。

良子は私を見るなり、こう言った。

 

「あ~、久米さんに似てる! ね、名前は?」

 

久米さんとは、若い頃の久米宏さんのこと。

当時『ぴったしカン・カン』というクイズ番組の司会をしていた。

 

良子の友人の女の子は、気乗りがしないのか、

ずっと、うつむき加減で、言葉少なだった。

Nも、どちらかというと無口で、話に相槌を打つばかり。

 

場の空気を何とかしようと話を盛り上げる良子と、私。

おのずと良子と私の間で、話が盛り上がる。

 

「ね、〇〇ちゃんって呼んでいい? 〇〇ちゃん珈琲は何が好き?」

 

「え? あ、ああ・・キリマンジャロ。」

 

私はメニューで真っ先に目に入った、飲んだこともない珈琲の名を口走った。

 

「へぇ、大人なんだ。私はねぇ、ウィンナーコーヒーが好き。」

 

ウィンナーコーヒーなるものを、私はこのとき初めて知った。

 

 

 

良子と私は、2人ですっかり盛り上がり、やがてNの話題に。

すると良子は、Nに向かって、

 

「え? 私たち、付き合ってないもんね? 電車で知り合っただけだもん。」

 

私は、あわてて話題を切り替え、4人はボーリングをすることになった。

そして、夕になって私たちは、それぞれの帰路についた。

 

 

 

             ж

 

 

 

ひと月ほど経ったある日、良子から私に宛てた手紙が、寮に届いていた。

「2人で会いたい。」 

 

私は、Nの手前、「会えない」と返事を書いた。

寮に届く手紙は玄関先のカゴの中に山積みされるので、誰の目にも留まる。

良子から私に宛てた手紙をNが目にするのが嫌で、私は良子に、

手紙も送って来ないでほしいと断った。

 

それで終わったはずだった。

 

 

良子から再び手紙が来た。

「 time time のノートを読んでほしい。」

 

time time にはノートが置いてあり、客がそれぞれに想いを書き綴っていた。

私はノートを見に行ったが、そこに何が書かれていたのか、今は覚えていない。

そしてその日から、海を隔てた良子と私の、うた恋い(※)のやり取りが始まった。

  

 f:id:levites:20151104211316j:plain

 

 

良子は、学生結婚に憧れていて、京都の女子大に進学したいと書いていた。

私も、京都の大学に進学したいと思った。

 

漫画『はいからさんが通る』に登場する編集長・青江冬星が好き、ともあった。

私は、出版社に勤めようかと考えた。

 

寮では、床の中でハイネを、ボードレールを、ランボオを読んだ。

 

逢えない時間が、想いを募らせた。

 

 

 

   

数か月が過ぎたある日、良子がノートに書いていた。

「今度の祝日、Nと2人で time time に来て欲しい。私も友達を連れて来る。」

  

time time で待ち合わせた4人は、良子の提案で千光寺山に登ることになった。

頂上の千光寺まで幾つかのコースがあるので競争しよう、と良子は言った。

4人はそれぞれのコースに分かれて、バラバラに頂上を目指すことになった。

 

千光寺の境内に辿り着いた私が周りを見渡すと、まだ誰の姿も見えなかった。

しばらくして、息を切らせてこちらに向かって走って来る、良子の姿が見えた。

 

良子は、私の前まで来ると、大きく一呼吸してから、言った。

 

「〇〇ちゃん・・・キスして。」

 

私は驚いて、たじろいだが、良子がまっすぐ見据える目に

吸い寄せられるように、良子に向かって歩いた。

 

そのとき、だった。

 

「お~い! 早いな~!」

 

Nだった。

次の瞬間、良子が私に向かって小さな声で叫んだ。

 

「〇〇ちゃん、違うの! 違う!」

 

 

・・・なに、が? ちがう? ・・・私は、良子の言葉の意味が分からなかった。

 

 

そこに、良子の友人が辿り着き、4人が揃った。

良子は、何ごともなかったかのような話をし始めた。

その後、展望台のレストランで食事をしたが、何を話したか、まったく覚えていない。

ロープウェーで下山した4人は、それぞれの帰路についた。

 

 

 

それから、何度か time time に足を運んだが、ノートに良子の記述はなかった。

 

良子からの手紙も来なかった。

良子に手紙を書いたが、返事は遂に来なかった。

 

 

一つだけ分かったことは、良子は千光寺山に登るコースの一番の近道を、

自分自身と私のために用意していたのだろう、ということ。

 

 

卒業後、就職した私が再び訪れたその場所に、time time は、もう、なかった。

すべてが幻だったかのように、恋だったのかさえも虚ろな、甘酸っぱい思い出。

 

 

あのときの、良子の「違う」の意味は、いまも分からない。

 

 

 

 

   youtu.be

 

 

                 ж

 

 

                ж

 

 

                ж  

 

  

 

※うた恋い  平安時代、男女は互いに会うことなく、

       歌を交わし合って、想いを伝え合った。   

 

      

    

 

   ~   ~   ~   ~   ~   ~   ~

 

※「GARA DANIKKI」のmarcoさんが、  

 アルパカワインをご紹介くださいました! marcoさん家の食卓に並ぶと、

 いちだんと美味しそうです。marcoさん、ありがとうございます!! 

garadanikki.hatenablog.com

    

www.kanan-press.com