チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

Un jour de Paris★激安チラシ印刷

 

 

   f:id:levites:20160109212642j:plain

  

 

テロの記憶も新しい、パリ。

パリ市民は今も恐怖に脅えながら毎日を過ごしていると思います。

同時に、イスラム教徒や移民の方たちもまた恐怖に脅えながら生活しているはずです。

 

先日、一人の男性がパリの広場で勇気あるメッセージを訴える姿が、

youtubeにアップされていました。ご存知の方も多いかも知れません。

 

もし、私たちがパリの街中で、マスク姿のイスラム教徒の男が立っているのを見たら、私たちはどう感じるでしょうか。時期が時期だけに、反射的に恐怖を感じてしまうのではないでしょうか。

 

もしかしたら彼を見つけたパリの人たちは、彼を取り囲んで暴力行為に及ぶ・・そんな可能性も、ないとは言えません。

 

しかし彼は、おそらくそれを承知の上で、パリ市民にこう訴えたのです。

 

「私はイスラム教徒です。でも、テロリストではありません。私はあなたを信じます。もしあなたも私を信じてくれるなら、ハグをしてくれませんか」

 

彼がダンボール紙に書いたメッセージを見て、人々が歩み寄ります。

その中にはイスラム教徒の女性もいて、彼のメッセージを見て涙を流しています。

女性の涙は、テロリストとはまったく無関係のイスラム教徒たちが

街でどれほど心ない扱いを受けて心を痛めているかを伺わせます。

 

やがて彼の周りに集まった人々の中から、一人が彼に歩み寄ってハグします。

 

 f:id:levites:20160109212643g:plain

 

それを機に、一人、また一人と、パリ市民たちが彼にハグします。涙ながらに。

 

 f:id:levites:20160109212644g:plain

 

 

そして彼は言います。

 

「みなさん、本当に有難う。私にハグしてくれて有難う」

 

 彼は、さらに訴えかけます。 

「私は、人を殺したことは一度もありません。イスラム教徒すべてがテロリストではないんです。イスラムの神は人を傷つけることを教えてはいません」

 

集まった人々が、彼の話に耳を傾けます。彼はさらに続けます。 

 

「テロが起こった金曜日は私の誕生日でした。でも私と家族はテロで犠牲になった人のことを想い、外出しなかったのです。亡くなった人たちのことを祈りました。皆さん、イスラム教徒全員がテロリストではないんです。テロリストはテロリストです。私たちとはまったく違う、別のものなんです」 

    youtu.be

  

    

 

    この様子はyoutubeで275万回も再生され、賛同と感動のコメントが

    数多く寄せられています。それでも、これだけ訴えても、まだ中には、

     

    「お前らは国へ帰れ! ヨーロッパから、とっとと出ていけ!」

 

    「だからって、私たちがイスラム教徒を好きなわけじゃない」

 

    など、心無いコメントも散見されます。

 

    

 

もし、これが日本だったらどうでしょう。私たちは彼をハグできるでしょうか。

彼は爆弾を体に忍ばせているかも知れないし、ナイフを持っているかも知れません。

彼の「言葉」を信じられるでしょうか。 

それを思うと、このイスラム教徒の男性もさることながら、彼にハグした人々に敬意を表します。

 

彼はまた、ISILに「ジハード(聖戦)」を口にする資格がないことも証明して見せたと思います。ジハードそのものについての論議はさておき、もしそれを口にするのなら、彼のやり方こそ真のジハードというべきでしょう。

 

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の共通の聖典である旧約聖書では、血は「いのち」であって、人の血を流す者は「汚れた者」であり、聖なる場所に足を踏み入れることができません。「血」と「聖」は相入れないものなのです。人の血を流す者に「聖」の字ほど相応しくないものはありません。

 

 

 ~   ~   ~   ~   ~   ~   ~

 

 

日本は、もしかしたらパリよりも、もっと宗教差別があるかもしれません。

もちろん言葉を安易に信じることは危険です。 

ただ人は、人を信じようとしないならば、信頼関係を築くことも、

愛し合うことも、生きることさえできないことも、また事実だと思うのです。

 

全世界的にメディアが対立と不信を煽っている状況に、私は違和感を禁じ得ません。

彼の行動は、国と国、人と人との対立を煽る政治家やメディアに一石を投じています。

 

対立と不信を煽る「何ものか」にあらがって、人を信じることの大切さ、愛し合うことの大切さを、再認識させてくれた彼に、宗教の壁を無視して心からの敬意を表します。

  

 

       パリの街と、パリに住む人々に平安を。 

 

       皆さんが住む町と、隣人にも平安を

 

           

    youtu.be

     パリの散歩道

    

 

   

 

www.kanan-press.com