読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

ある若者の話★激安チラシ印刷

チラシの耳 雑記

 

その若者は漫画家を志望していて、17歳のとき、応募した漫画が準入選し、

担当の編集者がついてくれることになって故郷の熊本から東京に上京しました。

すぐにも連載を持たせてもらえるものと意気揚々でしたが・・・

 

現実は、そう甘くはありませんでした・・

それどころか漫画を描く以前の段階で、ボツに次ぐボツ。

担当者に作品のあらすじを提出しても、まったく通りませんでした。

 

描いても、描いても、その場でボツ・・・

さすがに自分の力のなさを思い知らされて、

漫画家になるなんて到底ムリだ、と思ったそうです。

 

プロの漫画家は、読者を夢中にさせる漫画を、毎週19ページも描いて、

しかも次回作を期待させ、全体としても面白い作品に仕上げている・・

そのことが、どれほどにハードルが高いことで、

並大抵のことで越え続けることができるハードルではないことを、

徹底的に思い知らされ、叩きのめされたのです。

 

「漫画家なんて、漫画家になるべくして生まれてきた人にしかできないことなんだ・・」

大きなショックを受けた彼は、そう思うようになりました。

 

 

それでも、落ち込む気持ちを自分で奮い立たせながら、

作品のネーム(あらすじ)を描いて提出します。

あえなくボツ。

 

彼の心は、折れかかります。

どん底を這いまわるような思いに、何度も挫折しかけます。

それでも、どうにか力を振り絞って、描きます。

でも、やはり、ボツ。

 

ついには担当の編集者とケンカすることもあったそうです。

 

悔しくて、これでもかと、描いて、描いて、

ボツ。

また、ボツ。

 

 

彼はとうとう倒れてしまい、

1週間ほど動けなくなってしまいました。

そして、もう漫画家になることを諦めようと思い、

今からでもサラリーマンになれるかな、と考え始めました。

 

 

そのときでした。

担当の編集者が、彼に、こう言葉をかけたのです。

 

「こんなにも頑張って報われなかったヤツを、俺は今まで見たことがない。」

 お前の頑張りが、必ず報われる日がくる、と。

 

ケンカばかりしていたその編集者が、ふと言ってくれた言葉に

 

彼は、泣きました。

 

泣いて、泣いて、泣き疲れるまで泣いても、涙が止まりませんでした。

 

そして、泣き尽くして、泣きくたびれて、涙が枯れ果てたとき、

どこからともなく、気力が湧いてきたのです。

 

彼は、湧き上がる力を一気に作品にぶつけました。

そして、描きあげた作品が、入選を果たします。

 

彼はこれを機に九州の大学を中退。描いた作品が「ROMANCE DAWN(ロマンス・ダウン)。

後の国民的漫画、「ONE PIECE」(ワンピース)の原型だったのです。

 

彼の名は、尾田栄一郎。 

「ONE PIECE」の累計発行部数は、現在までで3億2000万部を突破しており、

「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されています。

 

 

私は、漫画「ONE PIECE」のことを、はてなブログに来て知りました。

そして、大切なことを教えて頂きました。

漫画に描かれている言葉の、一つひとつに込められている想いの大事さ。

それを大切にしようと。 たかがブログでも。されどブログ。

    

   f:id:levites:20151212225103j:plain

  

「ONE PIECE」の物語には、トコトンまで頑張ってガンバリ抜いて、それでもダメで、

万策尽きて、どうすることもできず「もうダメだ」とあきらめかけた、そのときに、

仲間の存在によって力尽きたはずの限界を超え、尽きることのない無限の力が湧いて、

状況が一変する、というシーンが度々、クライマックス・シーンとして登場します。

 

それはまさに、作者自身の体験によって裏付けられていたものだったのですね。

 

    youtu.be

    

     

 

同じ空の下

同じ空の下

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes