読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

恩送り Heal the kyushu

 

今日の記事は、softwind(id:kihaseason2015)さんの4月17日のエントリーに感銘を受けて書いています。記事は、こんな言葉で締めくくられていました。 

★恩送り Pay it forward 恩送り(おんおくり)とは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送り、そしてその送られた人がさらに別の人に渡し、そうして「恩(慈しみ)」が世の中をぐるぐる回ってゆくこと。社会の慈しみの連鎖が起きる。 恩送りは恩を返す相手が限定されず、比較的短い期間で善意を具体化することができる。

熊本、大分両県の被災地へ政府・自治体が支援、企業・有志&個人の方々も「恩送り」で応援 Pay it forward - 春夏秋冬・風に吹かれ、季節と共に生きて Blowing in the Wind ♪~

 

恩送り Pay It Forward 

 

『Pay it forward』(邦題 ペイ・フォワード)という映画をご存知でしょうか。原作は、キャサリン・ライアン・ハイドの小説です。

f:id:levites:20160417142941j:plain

ラスベガスに住むアルコール依存症の母と、家を出た家庭内暴力を振るう父との間に生まれた11歳の少年トレバーは、社会科の授業で「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」という課題を出されます。トレバーが思いついたアイデアは「人から受けた厚意をその相手に恩返し(ペイ・バック)するのではなく、他の3人に違う形で恩送りして善意を広げていく(ペイ・フォワード)」というものでした。

Pay It Forward。映画の中では「恩送り」ではなく「次へ渡せ」と訳されています。 

f:id:levites:20160417142942j:plain

トレバーは、仕事に就かない薬物中毒の男や学校の先生、イジメられている同級生に対して試みてみるものの、なかなかうまくいかずPay It Forwardは失敗だったんじゃないか」と思い始めます。ところが、トレバーの気付かないところで、このバトンは次々に受け渡されていて、街中に親切の連鎖が広まる・・・そんなストーリーです。

  

トレバーのアイデアは、非常に単純なシムテムです。人から厚意を受けたとき、その相手にお返しをすると、その厚意は当事者間のみで完結して終わってしまいます。しかし、受けた厚意を次の人に別の形で渡したら・・・ 

でも、受けた恩への感謝を、受けた相手に返すことはできても、それを別の人に「広げていく」ことは容易なことではありません。それを実行するには、ある程度の余裕も必要でしょうし、経済的なものも必要でしょう。 

でも、どんなに余裕が無くても、お金が無くても、自分のことさえままならない状況でも、「マイナスのメッセージや行為を発しない」ことは可能だし、「プラスのメッセージや行為を発する」ことも可能だと思います。 

 

原作者キャサリン・ライアン・ハイドは小説Pay It Forward誕生のきっかけについて、こう語っています。

「治安の悪い街で車がエンストしてしまい、車に近づいてくる男2人に恐怖心を抱いてしまったの。でも彼らはエンストしてしまった車を快く修理してくれたのよ。そこから、この【善意を他人へ回す】という思考が誕生したの。」

 

痛みを癒せるのは

 

私は阪神大震災の時、伊丹空港に居ました。外に出て見上げた青い空と、空の下に拡がっていた光景を、今も忘れることができません。時が経つごとに理解していった状況は、筆舌に尽くしがたいものでした。 

ありとあらゆるものを失い、呆然と立ち尽くす人々。言葉すら失っていました。飛び交う音といえば、業火が家々を燃やす音、ときおり建物が崩れ落ちる音、サイレンの音・・ 

やがて街に、少しずつ人の声が聴こえ始めました。泣き声、わめき声、そして懸命に励まし合う声、慰める声・・・。

 

沢山の人が死にました。あえて「死にました」と書きます。

絶望が、街と人々を覆っていました。それでも、日が経つごとに、悲しみで覆い尽くされていた避難所にも、励ましの声が少しづつ広がっていきました。物資を持ち合わせている企業は、それを人々に提供し始めました。

それでも、食料と水は不足し、風呂どころかシャワーもままならず、人々は水源地に殺到しました。子供たちは不安で笑顔を失い、夜の闇は恐ろしさを倍増させていました。

やがて、救助隊やボランティアが次々に到着し始め、彼らが街を救い始めました。民間の支援物資も届き始め、暗く沈んでいた街と人々を、少しづつ優しさが癒していきました。  

 

今、神戸は、震災前の姿を取り戻しつつも、震災で失われたかつての街並みに代わって、若者たちの手による小さなお店が軒を連ね、新しい顔も見せています。彼らの中には、震災の時に幼子だった若者や、ボランティアで神戸に来てそのまま移り住んだ人もいます。彼らの明るい笑顔を見ると、震災当時のことを思い出し、思うのです。「世の中、捨てたもんじゃない」と。

 

Heal the kyushu 九州を癒そう

 

「駄目な世の中になった」「政治が悪い」「経済が悪い」・・こんな言葉をよく耳にします。しかし、現代社会をダメなものにし、子供たちから未来の社会に対する夢や希望を奪っているのは、他でもない私たち大人です。政治家が悪いと言うなら、自分がどれほどのことをしているのかが問われます。 

 

熊本大震災に際して、大人たちが作っている社会の様々な面が表面化しています。良いことも、悪いことも。「いのち」を助けようとする大人たち。こんな時に自衛隊の出動に反対する大人たち。

ネットでも同じです。SNSで貴重な情報を提供する人たち。デマを流す人たち。そのすべてを子供たちは見ています。そして、その子供たちが未来を築いていきます。

f:id:levites:20160417142943j:plain

 

Pay It Forward  

B'zが東日本大震災に際して歌った、この曲を。九州へ。

brotherhood

youtu.be

 

★  ★  ★

「はてな義援金」は東日本大震災義援金を「はてなポイント」で受け付けていますが、熊本地震の窓口も併設してほしいです。 

 はてな義援金窓口 

 東日本大震災義援金 - はてな義援金窓口 - はてな

  

 ※4月21日追記

id:uxoruさんが「はてな」に問合せされたところ、熊本地震含め、新規に義援金窓口は設けないとのことです(はてなポイント廃止に向けて、はてな義援金も終了の予定らしいです。ただし、東日本大震災の窓口については、この記事に記載された受付期間まで特例として延長しているとのこと)

uxoruさん、ご多忙の中、ご連絡くださったこと心より感謝致します。

 

※4月22日追記

kihaseason2015.hatenablog.com

 

 

www.kanan-press.com