読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ印刷よもやま話

チラシ印刷の現場から。チラシの裏に表に色紙に書きたい話。

印刷屋による下校時の【青木まりこ現象】についての考察

雑記

※閲覧注意:便に関する記事ですので閲覧注意です。お食事中の方は食後にお読み頂けましたら幸いです。

 

f:id:levites:20160721122204j:plain

 (文の里商店街より)

 

ブログを休む前、『猫になりたい』の涅子さん id:tsubakimoto_neko の記事に「ウンコ踏みまくりです。でも、野グソ見られた時よりは恥ずかしくないです。」とコメントしましたところ「その野グソの話をぜひブログに書いてください(切望)」とのコメ返を頂きました。引くに引けなくなって記事にしていましたが、出すに出せなくなっていました。今日、踏ん張って一気に放出します(笑)

www.tsubakimoto-neko.com

 

 

「青木まりこ現象」とは

  

「青木まりこ現象」なるものをご存知でしょうか? これは書店に足を運んだ際に突如として便意をもよおす現象のことで、1985年に青木まりこさんが言及したことに由来しています。この現象が起こる理由については諸説あります。

①本のインクのニオイで便意が引き起こされる

気持ちがリラックスして便意が促される

③膨大な本の中から本を探し出さなければいけないプレッシャー

④本のニオイがトイレットペーパーを連想させる

 

謎はいまだに解明されていないようで、どれも可能性としてはありそう。また、人によっては書店以外にも便意をもよおすシチュエーションがあるようです。一例を挙げると、スーパーの冷凍食品売り場、朝の通勤電車の中、病院の待合室、エッチの直前、などなど・・

私の場合は、なぜかお風呂に入ろうと素っ裸になった途端に、大や小をもよおしてトイレに駆け込みます。皆さんも隠している突然便意ってありますよね? ね?(笑)

 

少年よ、懐紙を抱け

 

この「青木まりこ現象」について知った時、私はあることを思い出したのです。それは私が中学生の時のことでした。

私は何故か毎日のように、帰宅途中の田んぼでをもよおしていました。なぜ田んぼなのかというと、田んぼのあぜ道を通って学校に行き来するのが近道だったのです。その田んぼはこんな感じで、すぐ近くに電車が走っていました。 

f:id:levites:20071008105406j:plain

 (写真はイメージです)

 

この写真でいうと、右側の田んぼでをもよおすのです。もよおした私は、右尻と左尻をよじり寄せながら内股に早歩きして何とか家に持ち込もうとするのですが、毎回どうしても間に合わず、田んぼでをすることになってしまうのです。

 

ある時、田んぼでをしていたところ、遠くから電車が来る音がしてきました。電車の中から見られてしまうかも、と思いつつ「出すは一瞬の恥、出さぬは一生の恥」と思って放出していたのですが・・

 

すると、どうでしょう!(ビフォー&アフターの音楽スタート) 電車がキキーッツという大きな音を響かせたかと思ったら、スピードを落としながら徐々に近づいてきて、なんと計ったかのように目の前で止まったではありませんか。こんな感じで。

 

f:id:levites:20160721122203j:plain

 (写真はイメージです)

 

しかも、正面の扉の窓のところに・・なんということでしょう! 女学生が立って、じっと私を見つめているではありませんか。

f:id:levites:20160817154034j:plain

(写真はイメージです)

 

逆から見ると、こんな感じでしょうか。 

f:id:levites:20160817154035j:plain

 (写真はイメージです)

 

目と目が合って、どれくらいの時間が過ぎたことでしょう。

普通、目と目が合ったら互いに照れくさくって、すぐに目をそらすと思うのですが、彼女、こちらを凝視したまま、まったく目をそらそうとしません。

私は私で、人生の中でこれほどにカムフラージュしようがない状況に未だかかつて遭遇したことがなく、ただただ自然の摂理に任せてアタフタするほかありません。

そうこうするうちに出るものがすべて出て、私はしゃがんだままポケットをまさぐり、懐紙を探しました。ところが・・・

 

・・・ない!

 

外ポケット、内ポケット、胸ポケット、どこをまさぐっても、懐紙がない・・・

私は、おそるおそる電車の女学生をチラ見しました。相変わらずこちらを凝視していました。私はできるだけ平静を装いながら、次の一手を考えました。

あ、そうだ! 鞄の中にノートが入ってる! ノートをくしゃくしゃにすれば何とかなる! そう思った私は鞄に手を伸ばし、中をまさぐりました。すると、なんと! 鞄のサブポケットに、ハンカチとチリガミが入っていたのです!

天の恵みとは、まさにこのこと! 腹の底から湧き上がってくる勝ち誇ったかのような安堵感と共に、私はもう一度、電車の彼女をチラ見しました。すると彼女は、こちらを見たまま、満面の笑みでニッコリしてくれたのです。ちょうどその時、彼女を乗せた電車は再びゆっくりと走り始めました。

 

彼女の顔はまったく思い出せないのですが、あの満面の笑みだけは、いまだにしっかりと脳裏に焼き付いています。 

その後の私は、もう一度あの彼女に会えるかもしれないと思い、あの時と同じ時間帯に田んぼを何度も通ったのですが、彼女と再会することはできませんでした。

・・あのぉ・・・まさか、これ・・恋じゃないですよね?(笑)

 

うん〇の仕方48手

 

この記事を書くにあたって、モノがモノだけに当初は写真ではリアルすぎると思い、使えるイラストを探してたんです。そしたら、夏の暑さで頭が変になっていたんでしょうね、変なイラストサイトを探し当ててしまって・・・

 

f:id:levites:20160804111011j:plain

f:id:levites:20160804111012j:plain

これ、何だと思います? 

『うんこの仕方 48手』っていう、イラストサイトですって。

 

上のイラストが「4点支え」というの仕方で、かなりの筋力が必要とされるそうです。

下が「ところてん」というの仕方で、ニュルっと出てくる様子を模したスタイルなのだそうです。 

48手すべてを見てみたいという方は、下記サイトでどうぞ(^-^)

 

unko48.com

 

 

 結論にかえて

 

さて、肝心の考察なのですが、中学時代の私は部活の帰りにカイグイをしていて、お好み焼きやラーメンやおでんを食べていました。これが腸内に残存しているモノを押し出すタイミングが、ちょうど田んぼに差し掛かった辺りだったのでしょうね。田んぼの青草のにおいが原因ではないと思われます。

当時は原因を考えようともしていなかったので、同じことを繰り返していました。なぜ田んぼで便意をもよおすのか、大きな謎だったのです。「謎」って、そんなものなのかも知れませんね。

 

youtu.be

    

  

 

www.kanan-press.com